Skip to end of metadata
Go to start of metadata

R1Soft CDP サーバーは、仮想完全なバックアップメソッドを使用しています。まずは、最初の完全なバックアップ(初期レプリカ)が作成されます。その後、レプリケーションが実行されるたびに、最後のレプリケーション以降の差分(ブロックレベルのデルタ)のみを保存します。

それぞれのレプリケーションは、[リカバリポイント]と呼ばれる、[デバイス]のポイントインタイム・イメージを作成します。ブロックのバージョンとリカバリポイントをマップするには、ブロックデルタのデータベースが使用されます。このデータベースは、Disk Safe というものです。

Disk Safe は、レプリケートされた情報を保持し、配置するのに使用されます。それに、Disk Safe は、リストアに必要なデータのコンテナーとして定義できます。

ヒント
任意のDisk Safe のすべての使用可能なリカバリポイントからリストアできます。

Disk Safe には、バックアップの実行用に選択したデバイスが割り当てられています。 1つのデバイスは複数のDisk Safe に割り当てることが可能です。


デバイスのバックアップ先のDisk Safe が存在しているうちに、そのデバイスのバックアップを開始できません。

レプリケーションを実行するには、データ保護ポリシーをDisk Safe と関連付ける必要があります。すると、ポリシーはDisk Safe に関連付けられたデバイスをバックアップします。

ヒント
ポリシープロパティを定義するときに、フォルダ/ファイルをレプリケーション対象から除外できます。

Disk Safeは、物理レベルで、以下のファイルやフォルダが含まれているディレクトリです。

  • .db ファイル
  • .db-journal ファイル
  • metadata フォルダ
Disk Safe プロパティ

Disk Safe の作成中に定義されている以下のDisk Safe プロパティがあります。

  • 識別: ポリシーの固有の名前を入力すると、リスト内にそのポリシーを識別できます。また、ポリシー定義の実行時、識別も可能です。
  • Disk Safe の場所:Disk Safe フォルダが物理的に保存している場所です。
  • 圧縮タイプ:  圧縮を使用すると、ハードディスクの空き領域と伝送帯域幅の消費量を削減できます。
  • デバイス:ファイルシステムがマウントされているホストにおける1つ以上のハードディスク、パーティション、およびボリュームをデバイスとして割り当てることが可能です。

「Disk Safe の場所」を除いて、すべての特性はCDP インターフェイス経由で、既存のDisk Safe を対象にして変更できます。

以上のプロパティのほかに、既存のDisk Safe は次のプロパティがあります。

  • 有効済み
  • リカバリポイント
  • サイズ
Disk Safe 状態

Disk Safe は、次の状態のいずれかでなければなりません。

  • 開く:バックアップを含めて様々なタスクを、オープンされたDisk Safe に関連付けることができます。その上、Disk Safe のリカバリポイントも参照できます。
  • 終了済み:Disk Safe を閉じることにより、関連付けられたタスクの実行を防止できます。この際、Disk Safe 内にあるリカバリポイントを参照できません。
Disk Safe の使用可能なアクション
  • 新しいDisk Safeの作成
  • 既存のDisk Safes プロパティの編集
  • 既存のDisk Safe をシステムへの装着
  • Disk Safe のクローズ(無効化)
  • Disk Safe のデタッチ
  • Disk Safe とすべてのデータの削除
  • Disk Safe のバキューム処理
  • Disk Safe に含まれているリカバリポイントの参照
  • CDP サーバー上でDisk Safe の場所を移動すること
  • CDP サーバーから代替のCDP サーバーへDisk Safe をコピーすること
  • Windows / Linux プラットフォーム超しにDisk Safe をコピーすること
    ヒント
    Disk Safe を移動させるには、Windows Explorer のドラッグアンドドロップ、scp、xcopy、ftp、などのツールを使用できます。
Labels:
standard_edition standard_edition Delete
enterprise_edition enterprise_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.