Skip to end of metadata
Go to start of metadata

入手方法
CDP サーバーのインストール
  • [Linux システムへの Standard Edition のインストール]
  • [Windows システムへの Standard Edition のインストール]
レプリケーションの構成
よくある質問
  • [Standard Edition のよくある質問]
データのリストア

Windows およびLinux 向けStandard Edition は、手ごろな価格で提供されている高性能なDisk to Disk バックアップソフトウェアです。

Standard Edition は、バックアップしたいサーバー上で直接にインストールできます。専用のCDP サーバーは必要ありません。

CDP を使用する場合、Disk Safe は以下の装置で保存できます。

  • プライマリーハードディスク: Disk Safe は、自動的にレプリケーションから除外されます。
  • セカンダリ(バックアップ)ハードディスク
  • USB ドライバー
  • ネットワーク接続ストレージ(NAS: Network Attached Storage)、例えば、NFS、CIFS/Windows の共有など。

Standard Edition では、以下のことが可能となります。

  • ホスト上のデバイスを選択してレプリケートすること。
  • デバイス上のレプリケートされるファイル/フォルダを定義します。デフォルトでは、選択したデバイス上のすべてのファイルとフォルダがバックアップされます。ファイル/フォルダを除外し、複雑な除外ルールを定義できること。
  • ワンタイムまたはスケジュールされたレプリケーションを作成すること。
  • ディスクスペースのソフトクォータとハードクォータを定義すること。
  • 1つまたは複数のデータ保護ポリシーをホストに割り当てるすること。
  • 各ポリシー当たりのリカバリポイントの保存期間を定義すること。
  • Disk Safe 上のファイルを参照すること。
  • ビルトイン・オンディスク・ジャーナリングを使用して、Disk Safe をトラックすること。
  • リカバリポイントをマージ(削除)すること。
  • 任意のリカバリポイントから選択した、またはすべてのファイル/フォルダをリストアすること。
  • 任意のリカバリポイントから選択したファイル/フォルダをエクスポートします。オフサイトのサーバー、またはローカルハードディスクに抽出されたファイル/フォルダを保存すること。
  • CDP インストールの間にDisk Safe をコピーします。Disk Safe は、通常のフォルダと同様に移動し、コピーできます。

Standard Edition には、以下のようなものがあります。

  • 新しい Linux CDP デバイスの拡張ドライバー
  • 使いやすい RPM およびLinux 用の.deb パッケージのインストーラー
  • 複数のWindows バージョン(Windows XP、Windows 2003 Server、Windows Vista、Windows 2008 Server、32-bit および 64-bit) のサポート
Labels:
standard_edition standard_edition Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.