コントロールパネルインスタンスの無効化または有効化

無効にしたインスタンスは、スケジュールされた時刻にレプリケートされなくなります。ただし、インスタンスは、リストにそのまま残っています。それを再度に有効化にすると、レプリケーションを実行することができます。

ヒント
[コントロールパネルインスタンスの編集]ウィンドウで、コントロールパネルインスタンスを無効にすることができます。コントロールパネルインスタンスの編集 を参照してください。

ポリシーの[コントロールパネル]タブで、インスタンスを無効にするには、以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[ポリシー]をクリックして、[ポリシー]ページにアクセスします。

Advanced Edition Enterprise Edition


2. [ポリシー]リストで、必要なポリシーを選択して、このポリシーに対応する[アクション] カラムの[編集]アイコンをクリックします。

ヒント
ポリシーを調べるには、ベーシックおよび詳細リストフィルターを使用できます。[ポリシーリストのカスタマイズ] を参照してください。

3. [ポリシーの編集]ウィンドウが表示されます。

4. [コントロールパネル]タブを選択します。

5. [ポリシー]ウィンドウの[コントロールパネル]タブに[コントロールパネルインスタンス]リストが表示されます。

6. [コントロールパネルインスタンス]を無効にするには、このインスタンスに対応する[アクション]カラムの[無効]アイコンをクリックします。

7. ダイアログウィンドウの[無効]をクリックして、リクエストを確認します。

8. [コントロールパネルインスタンス]を有効にするには、このインスタンスに対応する[アクション]カラムの[有効化]アイコンをクリックします。

現在状態は[状態]カラムに表示されます。状態はアイコンで示されています。

アイコン 意味
使用可能コントロールインスタンス
使用不可能コントロールインスタンス

9. [保存]をクリックします。