Skip to end of metadata
Go to start of metadata

リストアが必要になる障害は様々なあります。 R1Soft では、サーバーをオフラインにして、リストアを行うことは、障害復旧状態として考慮されます。このような状態はベアメタルリストアと呼ばれています。ファイルリストア以外のリストア関連の問題が起こった場合は、ベアメタルリストアを実現する必要があります。

ベアメタルリストアを実行するには、2つのオプションがあります。

メモ
障害復旧ブートメディア(バージョン3.18.1以降)は、Windows およびLinux ベアメタルリストア用の2つのリカバリ方法をサポートします。
  • Live CD (障害復旧ブートメディアバージョン 3.18.1 以降): Live CD とも呼ばれる、CD-ROM ISO イメージをダウンロードします。 このISO イメージはCDライタードライブと一般的なCD書き込みソフトウェアを使用してCD-ROMに焼かなければなりません([CDへのISO ファイルの書き込み ]を参照)。CD-ROM を挿入するためのコンピュータに物理アクセスができない場合、このメソッドを実現できません。Live CD を簡単に自動化させることと、リモートで開始することも不可能です。[起動CD-ROMの使用 ]を参照ください。
  • PXE ネットワークブート (障害復旧ブートメディアバージョン 3.18.1 以降) :PXE ブートやR1Soft CDP サーバーを使用する場合は、ハンド・フリー、完全に自動化された障害復旧と、再配備システムをデータセンター全体に提供できます。[PXE ネットワークブートの使い方について] を参照ください。
    メモ
    PXE 環境に必要となるDHCP、TFTP、およびNFS サービスを実行できる特別な「ブート」サーバーが要ります。このサーバーを利用できないと、このメソッドも使えなくなります。「ブート」サーバーやR1Soft CDP サーバーを利用できる場合は、ハンド・フリー、完全に自動化された障害復旧と再配備システムも実行できます。サーバーコンソールへのリモートアクセスを提供するサーバーの場合は、このオペレーションがIP-KVM solutions を通して実現できます。このメソッドでは、サーバーへの物理アクセスを提供する必要がありません。

    以上のオプションには、2つずつのサブ・オプションが存在します。

  • エージェント環境へのブート:このオプションを使用するには、リストアしたいマシン以外のマシンにCDP サーバーをインストールして実行する必要があります。
  • サーバー環境へのブート:  このオプションを使用して、ネットワークドライブまたはセカンダリ物理ディスク上にあるDisk Safe から、現在使用しているマシンをリストアできます。Live CD サーバー またはPXE ネットワークブートサーバーから起動する場合は、完全なCDP サーバーが実行されるようになります。Disk Safe からリストアできるように、CDP サーバーのWeb インターフースでDisk Safe を追加できます。

特定のニーズに応えるオプションを選択してください。

Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
bare-metal_restore bare-metal_restore Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.