Skip to end of metadata
Go to start of metadata

CDP エージェントユーティリティは、同じマシンでCDP Enterprise エージェントと一緒に自動的にインストールされている Windows アプリケーションです。 このユーティリティはCDP エージェントに関連した一般機能にアクセスを提供します。


CDP エージェントユーティリティは、CDP エージェントがインストールしたホストに使用できます。CDP サーバーがインストールしたホストでは、[Windows CDP 設定ユーティリティについて] を使用します。

有効にしたいCDP サーバーのホスト名を入力して、Windows エージェントユーティリティはCDP サーバーのパブリックキーをグラブできます。CDP サーバーは適切な非パブリックキーを有するCDP サーバー、およびホストの外向けIPアドレスからの接続のみを有効にします。

Windows CDP 設定ユーティリティを使って、 CDP エージェントポートの構成、およびデバッグモードへの切り替えを実行できます。 CDP エージェントを再起動することも可能です。

プログラムのインターフェイスを通して、以下の機能にアクセスすることができます。

メモ
CDP Standard およびAdvanced Edition は既存のビルトインCDP サーバーを使用します。[Windows CDP 設定ユーティリティについて] を使って、CDP サーバーおよびCDP エージェントを設定できます。
Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
windows windows Delete
cdp_agent cdp_agent Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.