The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

CDP エージェントユーティリティは、同じマシンでCDP Enterprise エージェントと一緒に自動的にインストールされている Windows アプリケーションです。 このユーティリティはCDP エージェントに関連した一般機能にアクセスを提供します。


CDP エージェントユーティリティは、CDP エージェントがインストールしたホストに使用できます。CDP サーバーがインストールしたホストでは、[Windows CDP 設定ユーティリティについて] を使用します。

有効にしたいCDP サーバーのホスト名を入力して、Windows エージェントユーティリティはCDP サーバーのパブリックキーをグラブできます。CDP サーバーは適切な非パブリックキーを有するCDP サーバー、およびホストの外向けIPアドレスからの接続のみを有効にします。

Windows CDP 設定ユーティリティを使って、 CDP エージェントポートの構成、およびデバッグモードへの切り替えを実行できます。 CDP エージェントを再起動することも可能です。

プログラムのインターフェイスを通して、以下の機能にアクセスすることができます。

  • [Windows エージェント上での暗号化キーの管理]
  • [Windows エージェントへのサーバーキーの追加]
  • [CDP エージェントポートの構成]
  • [Windows エージェント上でインストールされたサーバーキーの表示]
  • [Windows エージェントからのサーバーキーのアンインストール]
  • [Windows エージェント構成の変更]
  • Restarting CDP Agent
    関連項目:
  • [Windows CDP エージェントの設定ユーティリティの起動]
メモ
CDP Standard およびAdvanced Edition は既存のビルトインCDP サーバーを使用します。[Windows CDP 設定ユーティリティについて] を使って、CDP サーバーおよびCDP エージェントを設定できます。
Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
windows windows Delete
cdp_agent cdp_agent Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.