Skip to end of metadata
Go to start of metadata

すべてのリストアデータはDisk Safe に格納されています。Disk Safe は、物理レベルでファイル/フォルダが含まれているフォルダです。Disk Safe パスを手動で変更するには、そのフォルダを他の場所にコピーします。この際、CDP インターフース経由でDisk Safe を閉じてから、フォルダを必要な場所に移動/コピーする必要があります。次にCDPインターフース経由でDisk Safe を開きます。

ヒント
Disk Safeは代替のCDP サーバー上で開けます。

CDP で既存のDisk Safe を装着するには、以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[Disk Safe]タブをクリックして、[Disk Safe]ページにアクセスします。

Standard Edition Enterprise Edition Advanced Edition



2. [Disk Safe]メニューで、[既存のDisk Safeを装着する]をクリックします。

3. [既存のDisk Safeを装着する]ウィンドウが開きます。

Standard Edition, Advanced Edition Enterprise Edition


4. Disk Safe ファイルが保存したパスをコピーします。

5. 次のDisk Safe プロパティを入力します。

  • 名前: システム内にDisk Safe を識別するための固有の名前。この名前は[Disk Safes]リストに表示されています。
  • パス: フォルダが現在格納されている場所です。例えば、D:/disk_safe_websites
  • エージェント(Enterprise Edition): Disk Safe 用のエージェントを指定します。

[追加]をクリックします。

Standard Edition, Advanced Edition Enterprise Edition


6. [Disk Safe を正常に開きました]メッセージが通知ウィンドウに表示されます。[OK]をクリックします。

7. 開かれたDisk Safe は、他のDisk Safe の一覧に現れます。

停止した Disk Safe を開く

停止したDisk Safe を開くには、以下の手順に従ってください。

1. [Disk Safe]リストで、閉じたDisk Safeに対応する[アクション]カラムの[開く]アイコンをクリックします。

Standard, Advanced Edition
Enterprise Edition

2. [Disk Safe を正常に開きました]メッセージが通知ウィンドウに表示されます。[OK]をクリックします。

3. [有効済み]カラムのDisk Safe アイコンは、緑色になります。

 エージェントの[詳細]ペインの[Disk Safe]タブを使用して、既存のDisk Safe を装着できます。この画面のプロパティは[Disk Safe]のメイン画面と同じです。詳細については、エージェントへのアクセス を参照してください。

Labels:
standard_edition standard_edition Delete
enterprise_edition enterprise_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
disk_safes disk_safes Delete
add add Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.