The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

すべてのレプリケーションを実行する前に、ホストには[Disk Safe] が存在する必要があります。


Disk Safe は常に信頼性のあるストレージに位置させる必要があります。Disk Safe ベストプラクティスについて詳しくは、[Disk Safe のベストプラクティス] を参照してください。

CDPでDisk Safe を作成するには、以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[Disk Safe]タブをクリックして、[Disk Safe]ページにアクセスします。

Standard Edition Enterprise Edition Advanced Edition



2. [Disk Safe]メニューで、[新しいDisk Safe の作成]をクリックします。

ヒント
その他に、ダッシュボードの[Disk Safe の作成]タブもクリックできます。

メモ
エージェントの[詳細]ペインの[Disk Safe]タブを使用して、Disk Safe を作成できます。この画面のプロパティは[Disk Safe]のメイン画面と同じです。詳細については、[エージェントへのアクセス] を参照してください。

3. [新しいDisk Safe の作成]ウィンドウが開きます。

Enterprise Edition Standard, Advanced Edition


4. このウィンドウには次のタブがあります。

  • 設定
  • デバイス
  • データ設定
  • 制限

5. 新しいDisk Safe 固有の次の設定を定義します。



[設定]タブ

識別

  • 名前:Disk Safe の名前を定義します。 名前はリスト内にDisk Safe を識別するために使用されます。

エージェント(Enterprise Edition)

  • エージェント:ドロップダウンメニューからエージェントを選択できます。

Disk Safe の場所

  • パス:Disk Safe が物理的に存在している場所です。例えば、C:\Disk_Safe
    メモ
    Disk Safe をボリュームに割り当てることができます。適切なチェックボックスをクリックします。

[デバイス]タブ

  • 新しいデバイスを自動的に追加する: このオプションではすべての使用可能な[デバイス] をDisk Safe に追加できます。チェックボックスの選択を解除すると、Disk Safe に追加したいデバイスを選択できます。このオプションを選択 しない場合、Disk Safe は保存さえしてしまえば、[保護するためにデバイスを追加]ダイアログウィンドウが表示されます。 詳細については、[デバイスへのアクセス][デバイスの追加] を参照してください。
  • ストレージ構成の保護Enterprise EditionAdvanced Edition): このオプションにより、パーティションテーブルをバックアップできます。
  • Windows システムの予約済みとアンマウント・パーティションのバックアップ(Advanced Edition): このオプションにより、非表示のWindows システムパーティションをバックアップできます。
  • エージェント上のデバイス: このペインは、現在、ホスト上に存在しているデバイスに関する情報を提供します。デバイスのリストを表示するには、[エージェントからデバイスを取得]ボタンをクリックします。[デバイスへのアクセス] を参照してください。
  • Disk Safe のデバイス: このペインは、現在、Disk Safe に割り当てられたデバイスに関する情報を提供します。[デバイスへのアクセス] を参照してください。

[データ設定]タブ

圧縮

圧縮とは、zlibgzip と同名)暗号化スキームを用いることにより、暗号化されていない表現よりも小さいサイズを使用して情報を暗号化するプロセスです。圧縮は、ディスク容量または送信帯域幅などのような貴重なリソースを節約することを可能にします。圧縮はバックアップ時にCDP エージェントにより、ホスト上のハードディスクのセクターレベルで実行されます。

  • 圧縮タイプ: Disk Safe 用の圧縮レベルセット。使用可能な値は次のとおりです。
    • なし: これはデフォルト値です。圧縮は適用されません。「なし」オプションは、高速LAN(ローカルエリアネットワーク)経由で、最短の時間でバックアップを完了するために使用されています。
    • QuickLZ: この値を選択する場合、圧縮がオンになります。QuickLZ タイプの圧縮は308バイト/秒(コアあたり)の速度に達する最速圧縮のひとつです。
    • Zlib: この値を選択する場合、圧縮がオンになります。ZLib タイプの圧縮が適用されます。インターネット経由で行われているバックアップまたはそのほかの低速リンクの場合は、圧縮をオンにすることをお勧めします。Disk Safe は、Zlib(gzip との互換性あり)圧縮を利用し、ほとんどの環境で2:1の圧縮率を提供することができます。

[圧縮タイプ]は「なし」にイコールしない場合、ドロップダウンメニューから圧縮レベルを選択する必要があります。

  • 圧縮レベル: Disk Safe 用の圧縮レベルセット。使用可能な値は、次のとおりです。
    • : このオプションはスピードが遅くても、一番コンパクトなファイルを作成できます。

暗号化

  • 暗号化タイプ: Disk Safe はAES 256 ビットの暗号化を設定できます。この場合、パスワードを作成する必要があります。Disk Safe の暗号化を選択した場合、ファイルの参照、コントロールパネルユーザーの参照、およびベアメタルリストアの初期化を実行するときにパスワードを提供する必要があります。 詳細については、Disk Safe の暗号化の管理 を参照してください。
    メモ
    作成時に設定された暗号化はオン・オフにすることが不可能です。


[制限]タブ

このタブを使用して、[ファイル除外を許可]、[リカバリポイントアーカイブを許可]、および[コントロールパネル]を有効・無効にすることができます。 制限は、[レプリケーション]、[リカバリポイント]、および[アーカイブポイント]を対象にして設定できます。

ヒント
Disk Safe は[ボリューム]に割り当てる場合、ボリュームのすべての制限はDisk Safe に適用されます。 そのため、Disk Safe の制限は少なくともボリューム制限のように制限的でなければなりません。 たとえば、ボリュームのリカバリポイントを100個まで設定した場合、Disk Safe は100個以下のリカバリポイントを含有できます。

オプション

  • ファイル除外を許可:  このオプションをチェックして、Disk Safe のファイル除外機能を有効にできます。このオプションをチェックした場合、レプリケーションポリシー時にバックアップにならないファイル/フォルダを指定できます。デフォルト設定では、選択したデバイスからのすべてのファイル/フォルダが複製されます。詳細については、[ファイルおよびフォルダの除外について]ファイルおよびフォルダが除外するもの を参照してください。
    ヒント
    Disk Safe が属するボリュームに対応したオプションは有効にされていない場合、このオプションを有効にできません。
  • リカバリポイントアーカイブを許可: このオプションをチェックして、Disk Safe のアーカイビング機能を有効にできます。このオプションをチェックした場合、指定した時、日、週又は月にデータのアーカイブを作成できます。このオプションを有効した場合、[データ保有期間]下の[アーカイブポイント制限]を指定できます。詳細については、[アーカイビング] を参照してください。
    ヒント
    Disk Safe が属するボリュームに対応したオプションは有効にされていない場合、このオプションを有効にできません。
  • コントロールパネルを許可: このオプションをチェックして、Disk Safe のコントロールパネル機能を有効にできます。このオプションをチェックした場合、ホスティングコントロールパネルのユーザーアカウントをバックアップ・リストアできます。詳細については、ホスティング コントロール パネルのためのCDP を参照してください。
    ヒント
    Disk Safe が属するボリュームに対応したオプションは有効にされていない場合、このオプションを有効にできません。
    ヒント
    ホスティングコントロールパネル機能(構成 [ホスティングコントロールパネル]下の製品機能の[ホスティングコントロールパネルを有効化]オプション)を有効にするシステム全体のオプションがあります。 詳細については、[ホスティングコントロールパネルの有効化] を参照してください。
  • レプリケーション制限: このオプションは、Disk Safe のレプリケーション頻度の最低値を設定します。たとえば、レプリケーション制限を「週」にした場合、 Disk Safe に割り当てられたポリシーは1週に1回、又は数週間に1回、実行されます(時間ごと、日ごとのレプリケーションは制限により不可)。
    ヒント
    Disk Safe レプリケーション制限は、Disk Safe が割り当てられているボリュームのレプリケーション制限の範囲内でなければなりません。

データ保有期間

  • リカバリポイント制限: Disk Safe に格納されているリカバリポイントの最大数を設定します。
    ヒント
    Disk Safe リカバリポイント制限は、Disk Safe が割り当てられているボリュームのリカバリポイント制限の範囲内でなければなりません。
  • アーカイブポイント制限: Disk Safe に格納されているアーカイブポイントの最大数を設定します。
    ヒント
    Disk Safe アーカイブポイント制限は、Disk Safe が割り当てられているボリュームのアーカイブポイント制限の範囲内でなければなりません。

クォータ

  • クォータタイプ:Disk Safe に割り当てられたクォーたのタイプです。クォーたはDisk Safe のディスク使用量を制限するのに使えます。制限値は、Disk Safe に使用されたスペースまたはデルタのサイズに従って設定されます。
  • ソフトクォータ:バイトまたはデルタに表したクォーた値です。ソフトクォーたは、クォーたの実行制限が近づいてくることについてユーザーに警告します。
  • ハードクォータ: バイトまたはデルタに表したクォーた値です。ハードクォーたは、リソースがデータに占められておくことを可能にします。 ハードクォーたに達成すると、システムは新しいリカバリポイントを生成することが不可能になります。レプリケーションが停止され、失敗します。

6. 必要なDisk Safe プロパティを定義して、[作成]をクリックします。

7. Disk Safe の存在しないディレクトリを定義した場合、新しいディレクトリを作成するように求められます。[OK]をクリックします。

8. 新しいDisk Safe が作成されます。

デバイスの追加

ここでは、デバイスを追加する方法について簡単に説明します。詳しくは、[デバイスの追加] を参照してください。 [バックアップのためにデバイスを選択]オプションを選択解除にした場合、以下の手順に従ってください。

1. 「バックアップするデバイスを管理しますか」というプロンプトが表示されます。[追加]をクリックして、[デバイス]ウィンドウを示します。

2. [デバイス]ウィンドウで、[エージェントからのデバイスの取得]をクリックします。

トラブルシューティング
[エージェントからのデバイスの取得]ボタンをクリックしてから、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

この場合、 「サーバー」および「エージェント」ディレクトリの両方には、server.allow フォルダが同じサーバーパブリックキーのあるテキストファイルを含むことを確認する必要があります。キーは構成 サーバー情報に存在します。詳細については、[Windows エージェントへのサーバーキーの追加] および[Linux エージェントへのサーバーキーの追加] を参照してくあださい。

3. すべてのホストデバイスは[エージェント上のデバイス]ペインで一覧に表示されます。

4. デバイス前の[追加](緑色のプラスアイコン)をクリックします。

5. 割り当て済みのデバイスは、[Disk Safe のデバイス]の右に一覧に表示されます。

6. 必要に応じて、ホストに他のデバイスも追加できます。

7. すべての必要なデバイスを割り当ててから、[デバイス]ウィンドウを閉じます。

作成済み Disk Safe の表示

1. 新しいDisk Safe は、[Disk Safe]リストに示します。

ヒント
[Disk Safe]リスト内のアイテムをクリックして、 下部のペインでDisk Safe 詳細を表示できます。

[Disk Safe]ウィンドウの使い方について詳しくは、[Disk Safe へのアクセス] を参照してください。


Disk Safe に割り当てられたデバイスを複製(バックアップ)するには、ポリシーを作成する必要があります。詳細については、[ポリシーの作成] を参照してください。
Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
standard_edition standard_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
disk_safes disk_safes Delete
create create Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.