The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata


Linux のインストール

1. リモートSSH セッションを開始するか、あるいはGUI ターミナルウィンドウ(KDE のKonsole、Gnome のGnome ターミナル、など)にアクセスします。

2. 次のコマンドを使用して、CDP エージェントを再起動します。

# /etc/init.d/cdp-agent restart


Windows のインストール

CDP エージェントを再起動するには、以下の手順に従ってください。

1. Enterprise Edition: CDP Agent Enterprise Edition がインストールされたコンピュータで、スタート > すべてのプログラム > R1Soft CDP Agent > CDP Configuration Utility 順に従って、Windows CDP エージェントの設定ユーティリティを実行します。

Standard および Advanced Edition: CDP Standard Edition またはAdvanced Edition がインストールされたコンピュータで、スタート > すべてのプログラム > R1Soft CDP Agent > CDP Configuration Utility 順に従って、Windows CDP 設定ユーティリティを実行します。

メモ
Standard およびAdvanced Editions の場合、CDP エージェントはビルトインでありながら、同じマシンでCDPサーバーとともにに自動的にインストールされます。

2. [Services]メニューから、[Restart CDP Agent]コマンドを選択します。

Standard, Advanced Edition
Enterprise Edition

3. [OK]をクリックして、CDP エージェントを再起動する要求を確認します。

4. CDP エージェントは正常に再起動された場合、確認メッセージが表示されます。次に、[OK]をクリックします。

Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
windows windows Delete
cdp_agent cdp_agent Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.