Skip to end of metadata
Go to start of metadata


Linux のインストール

1. リモートSSH セッションを開始するか、あるいはGUI ターミナルウィンドウ(KDE のKonsole、Gnome のGnome ターミナル、など)にアクセスします。

2. 次のコマンドを使用して、CDP エージェントを再起動します。

# /etc/init.d/cdp-agent restart


Windows のインストール

CDP エージェントを再起動するには、以下の手順に従ってください。

1. Enterprise Edition: CDP Agent Enterprise Edition がインストールされたコンピュータで、スタート > すべてのプログラム > R1Soft CDP Agent > CDP Configuration Utility 順に従って、Windows CDP エージェントの設定ユーティリティを実行します。

Standard および Advanced Edition: CDP Standard Edition またはAdvanced Edition がインストールされたコンピュータで、スタート > すべてのプログラム > R1Soft CDP Agent > CDP Configuration Utility 順に従って、Windows CDP 設定ユーティリティを実行します。

メモ
Standard およびAdvanced Editions の場合、CDP エージェントはビルトインでありながら、同じマシンでCDPサーバーとともにに自動的にインストールされます。

2. [Services]メニューから、[Restart CDP Agent]コマンドを選択します。

Standard, Advanced Edition
Enterprise Edition

3. [OK]をクリックして、CDP エージェントを再起動する要求を確認します。

4. CDP エージェントは正常に再起動された場合、確認メッセージが表示されます。次に、[OK]をクリックします。

Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
windows windows Delete
cdp_agent cdp_agent Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.