The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

CDP で[Disk Safe] を変更するには、以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[Disk Safe]をクリックして、[Disk Safe]ページにアクセスします。

Standard Edition Enterprise Edition Advanced Edition



2. [Disk Safe]リストで、必要なDisk Safe を選択して、このDisk Safe に対応する[アクション]カラムの[編集]アイコンをクリックします。

メモ
Disk Safe を調べるには、ベーシックおよび詳細リストフィルターを使用できます。[Disk Safe リストのカスタマイズ] を参照してください。
メモ
いくつかのDisk Safe を一度に編集できます。以下の[一括編集] を参照してください。

3. [Disk Safe の編集]ウィンドウが開きます。

4. 編集するためのタブは、以下のとおりです。

  • 設定
  • デバイス
  • データ設定
  • 制限

すべてのタブおよびそれらのプロパティについて詳しくは、[Disk Safe の作成] を参照してください。

メモ
CDP サーバーインターフェイスを通してDisk Safe の場所を変更することが不可能です。関連項目: [Disk Safe のコピーまたは移動]

5. 編集が終了したら、ウィンドウ下部の[保存]ボタンをクリックして、変更を適用します。

一括編集

[選択済みの編集]ボタンを使用して、一度に複数のDisk Safe の圧縮設定を変更できます。同じような値はすべての選択されたアイテムに設定されます。以下の手順に従ってください。

1. Disk Safe リストの最初のカラムで、いくつかのDisk Safe のチェックボックスを選択します。

2. [Disk Safe]リストのツールバーの[選択済みの編集]をクリックします。

3. [Disk Safe の編集]ウィンドウが開きます。

Standard, Advanced Edition
Enterprise Edition

4. ウィンドウで、次のオプションを選択します。

[設定]タブ
  • 圧縮タイプ: Disk Safe の圧縮タイプを定義します。詳細は、[Disk Safe の作成] を参照してください。
  • 新しいデバイスを自動的に追加する: 詳細は、[Disk Safe の作成] を参照してください。
  • ストレージ構成の保護: このオプションを使用してパーティションテーブルのバックアップができます。
  • エージェント(Enterprise Edition): Disk Safe に割り当てるエージェントを選択します。
  • 圧縮タイプ: Disk Safe の圧縮タイプを定義します。
  • 圧縮レベル: 圧縮レベルを、低、中、高のいずれか選択します。
[制限]タブ

すべてのオプションについて詳しくは、[Disk Safe の作成] を参照してください。

5. [編集]をクリックして、選択したDisk Safe に変更を一度に適用します。

6. 更新されたプロパティは、[Disk Safe]リストの適切なカラムに表示されます。この例では、[圧縮]カラムに「ZLIB High」と「QuickLZ」を示します。

また、エージェントの[詳細]ペインの[Disk Safe]タブを使用し、Disk Safe を編集できます。この画面のプロパティは[Disk Safe]のメイン画面と同じです。詳細については、[エージェントへのアクセス]を参照してください。

Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
standard_edition standard_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
disk_safes disk_safes Delete
edit edit Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.