The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

CDP では、[リカバリポイント]からファイルを .tar または .zip アーカイブとしてダウンロードできます。以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[リカバリポイント]をクリックし、[リカバリポイント]ウィンドウを開きます。

Standard Edition Enterprise Edition Advanced Edition



2. Enterprise Edition:[リカバリポイント]リストで、[リカバリポイント]リストのツールバーにあるドロップダウンメニューからエージェントを選択します。

Enterprise Edition

3. [リカバリポイント]リストのツールバーにあるドロップダウンメニューからDisk Safe を選択します。

Standard Edition
Advanced, Enterprise Edition

4. リカバリポイントを選択して、このリカバリポイントの[アクション] カラムの[参照]アイコンをクリックします。

ヒント
リカバリポイントを調べるには、ベーシックおよび詳細リストフィルターを使用できます。リカバリポイントリストのカスタマイズ を参照してください。
メモ
[Disk Safe の作成時に]暗号化を設定した場合には、「参照」、「ベアメタルリストア」、「データベースを参照」、あるいは「Exchange 」アイコンをクリックすると、暗号化パスフレーズを入力するように問い合わせが行われることにご注意ください。

この場合、[ログアウトまでのパスフレーズの記憶]チェックボックスを選択して、[OK] をクリックしたら、上記のアイコンのいずれかをクリックするたびにパスフレーズを入力する必要がなくなります。


5. [リカバリポイントを参照]ウィンドウが表示されます。

関連項目: [リカバリポイントの参照]

6. ダウンロードしようとするファイル/フォルダのチェックボックスを選択して、[選択済みのダウンロード]をクリックします。

7. [格納済みファイルのダウンロード]ウィザードが表示されます。紹介情報を参考にし、[次へ]をクリックして、ダウンロード用のアーカイブを作成します。

8. [ファイルタイプ]画面で、アーカイブファイルのタイプを選択します。以下のオプションが使用可能です。

  • tar としてファイルをダウンロード:データは tar ファイルとしてダウンロードできます。 この機能は、特にLinux ユーザーに役に立つものです。
  • gzip によるtar ファイルの圧縮 このボックスをチェックすると、tar ファイルをgzip で圧縮できます。
  • zip としてファイルをダウンロード:データは zip ファイルとしてダウンロードできます。 この機能は、特にWindows ユーザーに役に立つものです。

[次へ]をクリックします。

9. 次の[ファイル名のダウンロード]画面で、アーカイブファイルの名前を指定します。以下のオプションが使用可能です。

  • 生成されたファイル名を使用:アーカイブのファイル名を自動的に生成できます。ファイル名は次の形式になります。

    cdp-data-[date of Recovery Point creation]-[time of Recovery Point creation]

    例: cdp-data-2011-07-09-03-00-06.tar.gz 。

  • ファイル名を指定:カスタムファイル名を入力できます。
    メモ
    ファイルの拡張子を指定する必要はありません。拡張子は自動的に追加されます。


[次へ]をクリックします。

10. 最後の[サマリー]画面は、選択した設定を示します。

[ダウンロード]をクリックすると、アーカイブを取得できます。

Labels:
standard_edition standard_edition Delete
enterprise_edition enterprise_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.