The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

[リカバリポイント] をロックすると、ユーザーから、または自動的にデータ保護ポリシー経由のいずれからもマージ(削除)されなくなります。 

CDP のリカバリポイント中のファイル/フォルダを参照するには、以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[リカバリポイント]をクリックし、[リカバリポイント]ウィンドウを開きます。

Standard Edition Enterprise Edition Advanced Edition



2. Enterprise Edition: [リカバリポイント]リストで、[リカバリポイント]リストのツールバーにあるドロップダウンメニューからエージェントを選択します。

Enterprise Edition

3. [リカバリポイント]リストのツールバーにあるドロップダウンメニューからDisk Safe を選択します。

Standard, Advanced Edition
Enterprise Edition

4. 画面上部にリカバリポイントを選択して、このリカバリポイントの[アクション] カラムの[ロック]アイコンをクリックします。

ヒント
リカバリポイントを調べるには、ベーシックおよび詳細リストフィルターを使用できます。リカバリポイントリストのカスタマイズ を参照してください。
メモ
一度に複数のリカバリポイントをロックできます。以下の一括ロックを参照してください。

5. 通知ウィンドウの[ロック]をクリックして、リカバリポイントをロックする要求を確認します。

6. [ロック済み]状態は、[リカバリポイント]リストの[状態]カラムに表示されます。

一括ロック

[選択済みのロック]ボタンを使用して、一度に複数のリカバリポイントをロックできます。

1. [リカバリポイント]リストの最初のカラムで、いくつかのリカバリポイントをチェックして選択します。

ヒント
リカバリポイントを調べるには、ベーシックフィルターを使用できます。リカバリポイントリストのカスタマイズ を参照してください。

2. [リカバリポイノ]リストのツールバーの[選択済みのロック]をクリックします。

3. 確認ウィンドウの[ロック]をクリックして、リカバリポイントをロックする要求を確認します。

4. [ロック済み]状態は、[リカバリポイント]リストの[状態]カラムに表示されます。

 

Labels:
standard_edition standard_edition Delete
enterprise_edition enterprise_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
recovery_points recovery_points Delete
lock lock Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.