The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

この章では、Linux エージェントおよびそのコマンド・ライン・インターフェイスCLI )ツールの使い方について詳く説明します。

Linux エージェントは、Linux ホストシステム上で実行される同期サービスの一部でです。R1Soft  バックアップサービスを利用するすべてのLinux システムには、CDP(バックアップ)エージェントが必要となります。

Linux エージェントでは、GUI(X Window システム)を実行する必要なく、テキストモードインターフェイスのみでのLinux ホストにインストールすることができます。Linux エージェントは、CDP サーバーからのバックアップおよびリストアの要求に対応するように、TCP ポート1167 で接続待ちを行います。

メモ
Linux エージェントは、同期サービスを使用するすべてのLinux システムにインストールする必要があります。

Linux 用のR1Soft バックアップには、最も評判のあるLinux ディストリビューション向けのビルド済みのカーネルモジュールが含まれています。R1Soft CDP エージェントはインストール時に、ホストシステムがサポート可能なLinux ベースオペレーティングシステムを使用しているかどうかを検証します。サポートされていないディストリビューションを使用しているか、またはサポートディストリビューションのカーネルのカスタマイズ化を行った場合は、R1Soft カスタム カーネル インストーラーを起動する必要があります。

この章では以下のトピックについて説明します。
Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.