Skip to end of metadata
Go to start of metadata

レポートは、レポートのプロパティで指定したスケジュールに従って自動的に生成されます。レポートは、指定したグループ、ユーザー、または電子メールアドレスに送られます。

スケジュールを問わずに、レポートを手動で開始できます。 

メモ
レポートは、スケジュール中のオプションのいずれかの代わりに、[オンデマンド]オプションが指定された場合、そのレポートは自動的に開始しません。

CDP でレポートを手動で生成するには、以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[レポート]をクリックして、[レポート]ウィンドウを開きます。

Standard Edition Advanced Edition Enterprise Edition



メモ
フリーライセンスのStandard Edition では、[レポート中]ページにアクセスできません。有料ライセンスを登録するには、Standard Edition 有料版のライセンス登録を参照してください。

2. [レポート]リストで、必要なレポートを選択して、そのレポートに対応する[アクション]カラムの[今すぐ実行]アイコンをクリックします。

3. この手順が完了したら、以下の通知メッセージを表示します。[OK]をクリックします。

レポートは電子メールで送られます。

オンデマンドレポートのデータ保護ポリシーの一例

レポートの動作について詳しく理解するには、以下の例を参照してください。

1. ユーザーは、[データ保護ポリシー]に設定した[タスクタイプによるフィルター]でレポートを作成しました。 詳細については、電子メールレポートのスケジューリング を参照してください。

2. ユーザーは、データ保護ポリシーの実行後、手動でレポートを生成します。詳細については、ポリシーの実行 を参照してください。 その結果、データを記載したレポートはユーザーの電子メールに送られるようになります。

3. ユーザーは、CDP インターフェイスでレポートをプレビューできます。詳細については、[レポートのプレビュー] を参照してください。

プレビューが生成されています。

Labels:
standard_edition standard_edition Delete
enterprise_edition enterprise_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
reporting reporting Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.