The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata


Linux インストール

CDP Standard Edition を利用する前に、CDP サーバーのWeb インターフースのユーザー名とパスワードを定義することができます。

#r1soft-setup --user DESIRED_USERNAME --pass DESIRED_PASSWORD

コマンドを実行すると、以下のような出力が表示されます。

# r1soft-setup --user admin --pass r1soft Server username and password set The R1Soft CDP Server must be restarted for these changes to take effect Use '/etc/init.d/cdp-server restart' to restart.

次に、CDP サーバーを再起動します。 [CDP サーバーの再起動] を参照してください。


Windows インストール

[ユーザーのリセット]機能を使用する場合、次の操作を実行できます。

  • 古いパスワードを入力せずに、既存のCDP サーバー[ユーザー] のパスワードを変更できます。
  • Windows CDP サーバー対応の新しいユーザーアカウントを作成できます。

[Windows CDP 設定ユーティリティ] を使用して、ユーザーをリセットするには、以下の手順に従ってください。

1. スタート > すべてのプログラム > R1Soft CDP Agent > CDP Configuration Utility をクリックして、Windows CDP 設定ユーティリティを実行します。

2. [Credentials](資格情報)タブを選択します。このタブはデフォルトで表示されます。

Standard Edition
Enterprise Edition

3. 次のフィールドを記述します。

  • Username(ユーザー名):既存のユーザーのログイン名を入力して、パスワードをリセットします。新しいユーザーを作成するには、新しいログイン名を入力します。
  • Password(パスワード):ユーザーアカウントのパスワードを入力します。
  • Verify(検証):パスワードを再入力します。

4. [Apply]ボタンをクリックして、変更を保存します。

5. 一旦ユーザーが正常にリセットされたら、確認メッセージが表示されます。[OK]をクリックします。

6. 変更を有効にするには、CDP サーバーサービスを再起動する必要があります。[CDP サーバーの再起動] を参照してください。


関連項目:

  • [ユーザーオプションの設定] (Standard Edition)
  • ユーザーの追加 (Enterprise Edition)
  • [ユーザー プロパティの編集] (Enterprise Edition)
Labels:
standard_edition standard_edition Delete
enterprise_edition enterprise_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
cdp_configuration_utility cdp_configuration_utility Delete
windows windows Delete
linux linux Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.