Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Web サーバーオプションを変更するには、以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[構成]タブをクリックして、[構成]ウィンドウを開きます。

Standard Edition Advanced Edition Enterprise Edition



2. [構成]メニューで、[サーバー情報]をクリックします。

3. [サーバー情報]ウィンドウが表示されます。

ここでは、CDP システムに関するサーバー、ライセンス、およびシステムの有益な情報にアクセスすることができます。

サーバー情報
  • バージョン:現在、インストールされているCDP システムのバージョンとビルド番号です。
  • 日付を構築 :現在の構築の日付です。
パブリックキー

ここでは、パブリックキー(Enterprise/Advanced Edition)をコピーすることが可能です。

システム詳細
  • CDP 開始時間:システムが開始した日時を示します。
  • CDP 稼動時間:システムの稼動時間です。
  • OS 名:コンピュータにインストールされたオペレーティングシステムの名前です。例えば、"Windows 2003."。
  • OS アーキテクチャ:コンピュータにインストールされたオペレーティングシステムの概念的な構造です。例えば、"x86" for Windows。
  • OS バージョン:コンピュータにインストールされているオペレーションシステムのバージョンです。例えば、5.2。
  • 最大構成ヒープメモリ:コンピュータに構成されているヒープメモリの最大サイズです。
  • プロセッサー検出済み:コンピュータにに組み込まれているプロセッサーの総数です。例えば、2。
  • 空き物理メモリ:この数値はオンラインで変更できます。 例えば、271.4 MB。
  • 合計物理メモリ:例えば、1023.4 MB。
  • ヒープ:現在のタスクヒープメモリの使用量
    • 初期
    • 最大値:デフォルトで、CDP サーバーに割り当てられたメモリ容量です(server.conf ファイルにて)。
    • コミット済み
    • 使用済み:この数値を見ると、新しいタスクのための使用可能なメモリをチェックできます。
      ヒント
      • CDP サーバのシステムメモリの空き領域が足りない場合は、新しいタスクを開始しないようにしてください。
      • これらの設定を調整するときには、極度の注意を払うことをお勧めします。
  • 非ヒープ
    • 初期
    • 最大値
    • コミット済み
    • 使用済み

Windows NT上のWindows サブシステムでは、動的なデータ構造を構築するためのアプリケーションを容易に使えるように、高レベルのメモリ管理機能を提供します。また、以前のWindows バージョンとの互換性を提供し、システム機能のバッファと一時的なプレースホルダを作成する機会を与えています。上記のメモリ管理機能は、実行時に割り当てられたメモリブロックにハンドルとポインタを返します。これらのメモリブロックはヒープと呼ばれるエンティティによって管理されています。ヒープの主な機能は、効率的にメモリを管理し、アプリケーション用のプロセススペースを提供することです。

ヒープメモリは、クラス/オブジェクトのすべてのインスタンス、または属性、コンストラクタ、およびメソッドを格納しています。関連項目: [ヒープメモリの構成]

テクニカルサポートのためのデータをダウンロードする

このオプションは、ログディレクトリのzip をストリームします。.zip ファイルには、/logs および{{/conf}} ディレクトリが含まれています。

テクニカルサポートのファイルをダウンロードする方法や、/logs および{{/conf}} ディレクトリの詳細については、[技術サポートのためのデータのダウンロード] を参照してください。

Labels:
standard_edition standard_edition Delete
enterprise_edition enterprise_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
cdp_server cdp_server Delete
configuration configuration Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.