Skip to end of metadata
Go to start of metadata

CDP でアーカイブポイントからファイル/フォルダをリストアするには、以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[リカバリポイント]をクリックして、[リカバリポイント]ウィンドウを開きます。

Advanced Edition Enterprise Edition

2. Enterprise Edition: [リカバリポイント]リストのツールバーにあるドロップダウンメニューからエージェントを選択します。

3. [リカバリポイント]リストのツールバーにあるドロップダウンメニューからDisk Safe を選択します。

Advanced Edition
Enterprise Edition

4. [アーカイブポイント]タブを選択します。

5. [アーカイブポイント]リストからアーカイブポイントを選択して、このアーカイブポイントの[アクション]カラムの[参照]アイコンをクリックします。

ヒント
アーカイブポイントを調べるには、リストフィルターを使用できます。詳細は、アーカイブポイントリストのカスタマイズ を参照してください。

6. [アーカイブポイントを参照]ウィンドウが表示されます。

7. CDP サーバーのWeb インターフェイスを使用して、アーカイブポイントに含まれているファイルやフォルダを参照します。

ヒント
ビルトイン・ファイルブラウザは、Windows Explorer と同じように機能します。

8. リストアするファイル/フォルダのチェックボックスを選択して、[選択したもののリストア]をクリックします。

9. [ファイルのリストア]ウィンドウが表示されます。

以下のオプションを指定します。

エージェントへのリストア
  • エージェント:既に、システムに追加したエージェントへのリストアを実行するには、このオプションを選択します。 エージェント名に接続し、設定済みのポートを使用します。
  • ホスト名/IP: 指定されたホスト名とポートに接続します。このオプションを使用すると、元のホストと異なるホスト名/IP を有するホストへのリストアを実行できます。
  • ポート番号: ホスト名/IPと一緒に使用されています。
フォルダーへのリストア
  • オリジナルの場所:ファイルがコピーされた同じようなディレクトリにリストアします。
  • 代替の場所:ファイルを代替の場所にリストアします。このオプションを選択してから、ファイルがリストアされるホスト上でのパスを指定する必要があります。指定済みのパスが存在していない場合は、 ここで作成されるようになります。
  • 既存ファイルの上書き: 有効になっていると、同じ名前を持っているすべての既存のファイルまたはディレクトリが上書きされます。(ファイル/ディレクトリ中に新しいものがあると関係なく)。
詳細オプション
  • 予想リストアサイズ:デフォルテで有効です。それを利用すると、追加の[予想リストアサイズ]および[予想オブジェクトカウント]の値を、[レポート中]ページ→ [サマリー]タブ→ [リストアステータス]エリアに表示することができます。

10. 必要なオプションを選択してから、[リストア]をクリックします。

11. リストアタスクがスケジュールしたことを確認するメッセージが、通知ウィンドウに表示されます。これはタスクが開始したことを意味しています。[レポート中]画面は、タスクの進行を表示します。次に、[OK]をクリックします。

ヒント
タスクの結果は、電子メールレポートで配信できます。レポーティング を参照してください。

12. [レポート中]ウィンドウにアクセスし、[リストアタスク]の詳細を表示できます。[タスク履歴へのアクセス] を参照してください。

Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
advanced_edition advanced_edition Delete
restore restore Delete
archive_points archive_points Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.