Skip to end of metadata
Go to start of metadata

R1Soft CDP Server Enterprise Edition をコンピューターから除去するには、以下の手順に従ってください。


Linux ディストリビューションのRPM (RHE/CentOS/Fedora/Suse/Mandriva) およびAPT (Debian/Ubuntu) のアンインストールプロセスが異なっています。

RPM/YUM ベースインストール

1. 除去コマンドを入力して、<Enter>を押します。

rpm -e r1soft-cdp-enterprise-server r1soft-cdp-server r1soft-setup

2. アンインストールプログラムは、CDP サーバーを中止します。これは、ファイルの削除に関する情報を提供し、手動で削除する必要になったファイルを一覧に表示します。

3. アンインストールプロセスが完了したら、R1Soft CDP Server Standard Edition がコンピューターから除去されます。


DEB/APT ベースインストール

1. 除去コマンドを入力して、<Enter>を押します。

-get remove r1soft-cdp-enterprise-server r1soft-cdp-server r1soft-setup

2. アンインストールを確認するメッセージが表示されます。"Y" を入力して<Enter>キーを押します。

ヒント
デフォルトの応答は"Yes" です。それを選ぶには、<Enter>キーを押します。

4. アンインストールプログラムは、CDP サーバーを中止します。これは、ファイルの削除に関する情報を提供し、手動で削除する必要になったファイルを一覧に表示します。

5. アンインストールプロセスが完了したら、R1Soft CDP Server Enterprise Edition がコンピューターから除去されます。


Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
linux linux Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.