The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

ボリュームにユーザー/グループを割り当てることによっては、そのボリュームのリソースの利用を許可することができます。Disk Safe へのアクセスを提供するには、Disk Safe が保存されているボリュームにユーザー/グループを割り当てる必要があります。

メモ
何もボリュームに割り当てられていないDisk Safe がある場合、正規ユーザーはこのDisk Safe にアクセスできませんが、Disk Safe のポリシー/タスクを利用することができます。

メインメニューの[ボリューム]フォルダは、ボリュームに割り当てられた正規ユーザーからは見えません。ただし、アクセス許可によっては、ユーザー/グループがボリュームに関連付けられた次のオブジェクトへのアクセスし、操作することができます。

  • エージェント(ボリュームのDisk Safe に割り当てられたもの)
  • エージェント用のDisk Safe (Disk Safe がボリュームに割り当てられています)
  • エージェント用のポリシー (ポリシーがボリュームのDisk Safe に割り当てられています)
  • エージェントのリカバリポイント (エージェントがボリュームのDisk Safe に割り当てられています)
  • エージェントのユーザーおよびタスク

以下のスキームは、システムにおけるオブジェクト間の関係が表示されます。

ヒント
割り当てられたユーザー/グループに必要なエージェントが割り当てられていることを確認してください。それ以外の場合、ユーザー/グループはボリュームとそれらのエージェントに関連付けたデータにアクセスすることはできません。

スーパーユーザーの権限がない場合は、ボリュームにユーザーを割り当てることができません。
メモ
ユーザーにボリュームを割り当てる必要がある場合は、そのユーザーを事前に作成する必要があります。

ボリュームの作成中に、または既存のボリュームにユーザー/グループを割り当てることができます。また、ユーザーを作成/編集しながら、[ユーザー]プロパティウィンドウでユーザーにボリュームを割り当てることもできます。

割り当てられたユーザー/グループは、[ボリューム]プロパティウィンドウおよび[ボリューム]画面下部にある[詳細]ペインに表示されます。 ユーザーに割り当てられたボリュームは、[ユーザー]プロパティウィンドウおよび[ユーザー]画面下部に表示されます。

既に作成されたボリュームにユーザー/グループを割り当てるには、以下の手順に従ってください。

1. メインメニューの[ボリューム]をクリックして、[ボリューム]ページにアクセスします。

2. [ボリューム]リストで、必要なボリュームを選択して、このボリュームに対応する[アクション] カラムの[編集]アイコンをクリックします。

メモ
ボリュームを調べるには、ベーシックおよび詳細リストフィルターを使用できます。ボリュームリストのカスタマイズ を参照してください。

3. [ボリュームの編集]ウィンドウが表示されます。

4. ボリュームにグループを割り当てるには、[グループ]タブに切り替えます。

ドロップダウンメニューからグループ名を選択し、[追加]アイコンをクリックします。

メモ
[ボリューム]プロパティウィンドウから割り当てれれたグループを除去する必要がある場合は、グループの前の[削除]アイコン(赤X 記号)をクリックします。

5. ボリュームにユーザーを割り当てるには、[ユーザー]タブに切り替えます。

ドロップダウンメニューからユーザー名を選択し、[追加]アイコンをクリックします。

メモ
[ボリューム]プロパティウィンドウから割り当てれれたユーザーを除去する必要な場合は、ユーザーの前の[削除]アイコン(赤X 記号)をクリックします。

6. [保存]をクリックして、変更を保存します。

Labels:
None
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.