Skip to end of metadata
Go to start of metadata

データ・センター・コンソール(DCC)は、CDP サーバーの大きなコレクションへの集中監視や管理領域を提供する目的にして設計されたものです。コンソールをインストールした後、お客様はデータセンターコンソールの管理ウェブアプリケーションにより提供されている便利な登録パネルを通して、Advanced およびEnterprise Edition を実行するCDP サーバーをすべて追加することができます。一度に追加されたCDP サーバーは、その構成とステータスについての情報を継続的にコンソール[ダッシュボード]に通信しながら更新を行います。

データセンターコンソールを利用することによっては、ユーザーが接続されているCDPサーバーのいずれかへ「ドリルダウン」して、その構成を管理したり、特定の詳細を表示したりすることができます。これは、特殊なクイックアクセスバーを利用して、簡単に行えます。

データセンターコンソールは、ドメインレベルのユーザーとグループの管理機能を提供します。[ユーザー][グループ]を追加し、アクセス許可を定義し、それらの認証資格情報を使用することで、任意のCDP サーバーにログインすることができます。また、作成されたすべてのユーザーとグループは、CDPサーバーに「プッシュダウン」されるため、お客様が領域越しのユーザー管理を簡単に集中して実現できます。

さらに、データセンターコンソールは、Disk Safeボリューム および[エージェント]のようなCDP オブジェクトを作成/管理することを可能にします。

現在、日本語のローカライズは、データセンターコンソールの機能ではありません。この機能は近い将来に導入することを図っています。

Labels:
data_center_console data_center_console Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.