The root page ドキュメンテーション could not be found in space CDP JP.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata
Unable to render {include} Couldn't find a page to include called: Windows CDP Enterprise Edition の入手方法
Unable to render {include} Couldn't find a page to include called: Linux CDP Enterprise Edition の入手方法

ファイルの抽出

アーカイブからファイルをすべて抽出します。インストールパッケージには、選択したプラットフォーム用のCDP サーバーインストーラーと、すべての可能なプラットフォーム用のエージェントインストーラーの両方が含まれています。具体的にインストールパッケージに含まれているファイルとフォルダが以下のとおりです。

  • Enterprise-README.txt:インストール詳細に関する簡単な情報が含まれるREADME ファイルです。
  • win32:32 ビット Windows システム用のR1Soft CDP Enterprise Agent のインストールファイルが含まれるフォルダです。詳細は、[Windows システムへのエージェントのインストール] を参照してください。
  • win64:64 ビット Windows システム用のR1Soft CDP Enterprise Agent のインストールファイルが含まれるフォルダです。詳細は、[Windows システムへのエージェントのインストール] を参照してください。
  • rmp-linux32:32 ビット Linux オペレーティングシステム用のR1Soft CDP Enterprise Agent のrpm インストールファイルが含まれるフォルダです。詳細は、Linux システムへのエージェントのインストール を参照してください。
  • rmp-linux64:64 ビット Linux オペレーティングシステム用のR1Soft CDP Enterprise Agent のrpm インストールファイルが含まれるフォルダです。詳細は、Linux システムへのエージェントのインストール を参照してください。
  • deb-linux32:32 ビット Linux オペレーティングシステム用のR1Soft CDP Enterprise Agent のdeb インストールファイルが含まれるフォルダです。詳細は、Linux システムへのエージェントのインストール を参照してください。
  • deb-linux64:64 ビット Linux オペレーティングシステム用のR1Soft CDP Enterprise Agent のdeb インストールファイルが含まれるフォルダです。詳細は、Linux システムへのエージェントのインストール を参照してください。

Enterprise Edition のインストール

Unable to render {include} Couldn't find a page to include called: Windows システムへの Enterprise Edition のインストール

CDP Enterprise Server をインストールする方法が2つあります。

  • 自動apt-get または yum を使用してCDP Enterprise Server をインストールする場合は、R1Soft パッケージリポジトリをAptitude またはyumの構成に追加します。
  • 手動:R1Soft バイナリパッケージをダウンロードし、dpkg または rpm を使用してインストールします。

4つのパッケージマネージャの -- apt-getyumdpkg、および rpm はすべて、Linux のコンソールアプリケーションです。 それらはリモートのSSHセッション、GUI ターミナルウィンドウ(KDE のKonsole、Gnome のGnome Terminal、など) またはLinux テキストコンソール上で起動することができます。

メモ
PuTTY は推薦されているSSH クライアントです。PuTTY は、マウスの右ボタンを押してWindowsクリップボードからのテキストを貼り付けることができます。PuTTY は、http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html からダウンロードできます。

インストールが完了したら、再起動する必要がありません。

Linux サーバーへのSSH接続を確立するか、またはLinuxテキストコンソールでログインします。su または sudo コマンドを使って、ルートとしてログインするかルート権限を取得する必要があります。

Linux ディストリビューションの詳細については、以下のページを参照してください。

  • [CentOS、RHE、および Fedora システムへのEnterprise Edition のインストール]
  • [Debian および Ubuntu システムへのEnterprise Edition のインストール]
Unable to render {include} Couldn't find a page to include called: CentOS、RHE、および Fedora システムへのEnterprise Edition のインストール
Unable to render {include} Couldn't find a page to include called: Debian および Ubuntu システムへのEnterprise Edition のインストール

Unable to render {include} Couldn't find a page to include called: Windows システムへのエージェントのインストール

CDP Enterprise サーバー およびエージェントをインストールする方法が2つあります。

  • 自動apt-get または yum を使用してCDP Enterprise サーバーをインストールする場合は、R1Soft パッケージリポジトリをAptitude またはyum の構成に追加します。
  • 手動:R1Soft バイナリパッケージをダウンロードし、dpkg または rpm を使用してインストールします。

4つのパッケージマネージャの -- apt-getyumdpkg、および rpm はすべて、Linux のコンソールアプリケーションです。 それらはリモートのSSHセッション、GUI ターミナルウィンドウ(KDE のKonsole、Gnome のGnome Terminal、など) またはLinux テキストコンソール上で起動することができます。

メモ
PuTTY は推薦されているSSH クライアントです。PuTTY は、マウスの右ボタンを押してWindowsクリップボードからのテキストを貼り付けることができます。PuTTY は、http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html からダウンロードできます。

インストールが完了したら、再起動する必要がありません。

Linux サーバーへのSSH 接続を確立するか、またはLinux テキストコンソールでログインします。su または sudo コマンドを使って、ルートとしてログインするかルート権限を取得する必要があります。

Linux ディストリビューションの詳細については、以下のページを参照してください。

  • [CentOS、RHE、および Fedora システムへのエージェントのインストール]
  • [Debian および Ubuntu システムへのエージェントのインストール]
Unable to render {include} Couldn't find a page to include called: CentOS、RHE、および Fedora システムへのエージェントのインストール
Unable to render {include} Couldn't find a page to include called: Debian および Ubuntu システムへのエージェントのインストール

Unable to render {include} Couldn't find a page to include called: Enterprise Edition のWeb インターフェイスへのアクセス

トライアルライセンスの有効化

始めてWeb インターフェイス経由でCDP サーバーにログインすると、トライアルライセンスを有効化する必要があります。

1. 初めてログインすると、[ライセンス起動]ダイアログが表示されます。このウィンドウには、次のオプションのいずれかを選択することができます。

  • 30日間のトライアルライセンスを使用
  • ライセンスキーの有効化

2. トライアルライセンスを有効にするには、1つ目のオプションを選択して、[OK]をクリックします。

Enterprise Edition トライアル ライセンスの有効期限は 30 日間です。

Labels:
enterprise_edition enterprise_edition Delete
windows windows Delete
linux linux Delete
install install Delete
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.