View Source

CDP サーバーでのDisk Safe に割り当てられた[デバイス]にアクセスするには、以下の手順に従ってください。


1. メインメニューの[Disk Safe]をクリックして、[Disk Safe]ページにアクセスします。
|| Standard Edition || Enterprise Edition || Advanced Edition ||
| !552.png!\\ | !551.png!\\ | !553.png!\\ |
2. [Disk Safe]リストで、Disk Safe を選択して、このDisk Safe に対応する[アクション] カラムの[編集]アイコンをクリックします。

!edit_button.png!
{info:title=ヒント}
Disk Safe を調べるには、ベーシックおよび詳細リストフィルターを使用できます。[Disk Safe リストのカスタマイズ] を参照してください。
{info}
3. [Disk Safe の編集]ウィンドウが開きます。

!2_edit_ds_window.png!


4. [デバイス]タブを選択します。Disk Safe に割り当てられたデバイスは右ペインに表示されます。 ホストに存在しているすべてのデバイスは左ペインに一覧表示されます。
{info:title=ヒント}デバイス上のフォルダ/ファイルを除外する必要があれば、ポリシープロパティを実行中に行えます。[ファイルおよびフォルダが除外するもの] を参照してください。
{info} !dev.png!

[デバイス]タブは次のエリアに分けられています。

* *エージェント上のデバイス*
* *Disk Safe のデバイス*


----
{toc:location=top|maxLevel=3|minLevel=3|type=flat|separator=pipe|style=border:1}

----
h3. エージェント上のデバイス

このペインは、現在、ホスト上に存在しているデバイスに関する情報を提供します。デバイスのリストを表示するには、[エージェントからデバイスを取得]ボタンをクリックします。

h4. カラム

* *マウントポイント*: Unix 系システムの場合、*マウントポイント{*}とは、マウントされたファイルシステムが表示されるようになるオペレーティングシステムのディレクトリ構造内の場所です。例えば、多くの現在Linux ディストリビューションは自動的にCD ドライブを {color:blue}/media/cdrom{color} としてマウントします。その結果として、CD ドライブのコンテントは {color:blue}/media/cdrom{color} ディレクトリに表示されます。Microsoft Windows の{*}ドライブ・マッピング{*}はマウンティングと同じです。Windows 2000 以降では、NTFS デバイスをマウントすると、NTFS フォルダがクリアになります。
* *容量*: どれだけのリソースがデバイス上で使用できるかを示します(ギガバイト、メガバイト、あるいはキロバイト;ブロック)。
* *コンテントタイプ*: デバイス上で作成されたファイルシステムです。例: NTFS。
* *アクション*: 選択したデバイスに対応するアクションへのアクセスを提供します。
** *追加*:[デバイスの追加] を参照してください。

!Devices on agent_list_2.png!

----
h3. Disk Safe のデバイス

このペインは、現在、Disk Safe に割り当てられたデバイスに関する情報を提供します。
* *状態*: デバイス状態を視覚的に示します。デバイスは有効にした(緑色のアイコン)場合は、そのレプリケーションを実行できます。デバイスは無効にした(赤色のアイコン)場合は、バックアップ(レプリケーション)ができません。[デバイスの無効化 |デバイスの無効化]を参照してください。
* *マウントポイント*: Unix 系システムの場合、*マウントポイント{*}とは、マウントされたファイルシステムが表示されるようになるオペレーティングシステムのディレクトリ構造内の場所です。例えば、多くの現在Linux ディストリビューションは自動的にCD ドライブを {color:blue}/media/cdrom{color} としてマウントします。その結果として、CD ドライブのコンテントは {color:blue}/media/cdrom{color} ディレクトリに表示されます。Microsoft Windows の{*}ドライブ・マッピング{*}はマウンティングと同じです。Windows 2000 以降では、NTFS デバイスをマウントすると、NTFS フォルダがクリアになります。
* *容量*: どれだけのリソースがデバイス上で使用できるかを示します(ギガバイト、メガバイト、あるいはキロバイト;ブロック)。
* *コンテントタイプ*: デバイス上で作成されたファイルシステムです。例: NTFS。
* *アクション*: 選択したデバイスに対応するアクションへのアクセスを提供します。
** *無効化/有効化*:[デバイスの無効化] を参照してください。
** *削除*:[デバイスの除去] を参照してください。

!Devices in Disk Safe_list_2.png!

----
h3. デバイス詳細

デバイス詳細にアクセスするには、[詳細]サインをクリックします。

!Devices in Disk Safe_list_Detail icon_2.png!


[詳細]ペインには、選択したデバイスに関する以下の情報が提供されます。
* *識別*
* *ディスク情報*
* *レプリケーション詳細*

h4. 識別

* *マウントポイント*: Unix 系システムの場合、*マウントポイント{*}とは、マウントされたファイルシステムが表示されるようになるオペレーティングシステムのディレクトリ構造内の場所です。例えば、多くの現在Linux ディストリビューションは自動的にCD ドライブを {color:blue}/media/cdrom{color} としてマウントします。その結果として、CD ドライブのコンテントは {color:blue}/media/cdrom{color} ディレクトリに表示されます。Microsoft Windows の{*}ドライブ・マッピング{*}はマウンティングと同じです。Windows 2000 以降では、NTFS デバイスをマウントすると、NTFS フォルダがクリアになります。
* *コンテント Id*: 例: 0389746389719DC。
* *コンテントタイプ*: デバイス上で作成されたファイルシステムです。例:NTFS。
* *デバイスパス*: デバイスのハードウェアアドレス。例: !device-path.png!
* *サイズ*: ディスク容量の全体を示す特性です。言い換えれば、デバイス上でどれぐらいのボリュームを利用できるかを示します。例: 8.0 GB。

h4. ディスク情報

* *セクター数*: ディスク上のセクタ数を示します。例: 20964825。
* *セクターサイズ*: ディスクセクターのサイズを示します。例: 512 バイト。
* *シリーズ番号*: ディスクのシリーズ番号です。例: VMware Virtual disk SCSI Disk Device。

h4. レプリケーションの詳細

* *初期レプリカ終了*: 初期レプリカは終了したかどうかを示します。
* *最後に完了したレプリカ*: 最後に完了したレプリカの時刻と日付を示します。
* *最後のレプリカタイプ*: 最後のレプリカタイプを示します。

!Devices in Disk Safe_Device Details window_.png!

{excerpt:hidden=true}CDP インターフェイスでの[デバイス]ウィンドウへのアクセスとその使い方について{excerpt}